読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年冬 韓国旅行記

travel

毎年1回は行っている韓国。
今年は12月8日〜2泊3日で行ってきました!
これで4年連続冬に行ってるなあ。
逆に夏は1回しか行ったことない!!
夏は、他の誘惑が多いんです。

冬の韓国のここが好き♡

その圧倒的な寒さ!!!!
空港から電車に乗り継ぐ時間に寒さとのファーストコンタクト。ほっぺたが痛えーーー!!!東京にゆるゆる住んでいる自分にとってはなかなかに面白い体験です。
寒すぎてテンション上がりながらホテルにチェックイン!は最早鉄板コース。

今回の旅の目的

毎回韓国には主に買い物で訪れています。
特に私は韓国の服が好き!韓国の服って体のラインが強調される(スタイルが良く見える)ものが多い気がする。私の体型は中肉中背なので、服で痩せて見える(ダマせる)のは大変ありがたい。
あと、すごくしっかりしててものが良いのに安い!ただものすごくほつれやすい。縫製はわりと適当なのでほつれたら自分で直してます。
私は韓国のワンピースが好きで5〜10着くらい持ってます。もう2年以上着ているものもありますが、全然ヨレてこないところもすごい!!

・・・・がしかし、今回の旅の目玉は出発の3日前に決定しました・・。
一緒に行く友人(韓流アイドル好き)が「2日目、別行動しない?」と言いだしたのです。つまり個人プレイ!!
というわけで、以前から行ってみたかった、北朝鮮と韓国の国境、DMZツアーに参加することにしました。

行き方を調べる

この、DMZツアー、日本の旅行会社もパックを組んでいたり、わりと簡単に行くことができそうです。
でもちょっと高い・・!だいたい7千円くらいでした。
じゃあ、自力で行けないかな?と思い検索。
自力で行ってる人がブログに記事をあげてくれている!!!!
は〜ほんとありがたい。

というわけで、自力で行けることが分かったので、この情報を頼りにまずは韓国へゴー!
私が今回宿泊したホテルは明洞の中心街に新しく出来たばかりの「ソラリアホテル」という日本の西鉄が経営している日本人向けのホテル。

2泊3日でこのホテルで宿泊料込み25,000円!!!破格!!!すごくラッキーでした。



現地のスタッフらしき方々もみんな丁寧で日本語ペラペラで快適でした。

DMZツアーに参加する

汶山駅まで電車に揺られる


明洞からのルートになりますが、明洞駅から、まずは4号線で利川駅まで行きます。
そこから、京義線で、汶山駅(終点)までひたすら電車に揺られます!(1時間強)

電車は平日だったからなのかものっすごく空いてました・・。

行き、私はソウルからの行き方しか調べてなくて、ソウル駅から京義線を探したのですが、なかなか分かりずらかった!駐車場の入り口かと思うような場所に改札がありました。
ソウルから行く方はお気をつけください!
そして電車は1時間に一本です。

汶山駅でDMZツアーの申し込みをする


汶山駅に着いて、臨津江駅方面の電車に乗ろうと思ったら、ホームに続く階段が閉まっている!!!!
ええええええ、ここまできてえええええ!?まさかやってないの!?泣!!
とオロオロしていたら、近くにインフォメーションがあり、そこに「DMZ」の文字を発見!!!
中に入り、だいぶ拙い英語で、「I want to go to DMZtour!」というと、紙を手渡された。
自分の住所等を記述、同意書にサイン。
ここでパスポートの確認が必要なのでパスポートは忘れないように!
そして電車代10,000₩(往復)を支払う。
10:23の電車だったのですが言葉に手こずったのでギリギリになってしまい受付のおねいさんと走ってホームへ向かう!(いつの間にかシャッターが開いている!)
そして電車到着・・・!!!!

DMZトレインで都羅山駅へ

電車の添乗員的なおねいさんに同意書を確認してもらい、パスをもらって乗車。(指定席です)

うおおーーーーなんやこりゃーーー!!!
なんだかとんでもなくファンキーな電車が到着。

そしてこの内装!!!色が・・・要素が・・・多いよ!!

そしてドコドコ揺られて臨津江駅に到着。

パスポートチェック

臨津江駅で一度降りて、パスポートのチェックがあります。同意書も必要です。
軍服をきたおじさんに、パスポートを見て「コンニチハ」と言われて笑顔に。名前と出身地を復唱されました。

そしてまた同じ電車に乗り込んで出発。
ここから、非武装地帯となるようです。



都羅山駅に到着!!
なんもねーーーーー
ただただ大きくて立派な駅でした。

ツアーの申し込みをする

第3トンネルで、トロッコみたいなやつに乗ると14,700₩。
徒歩のルートを選択すると9,900₩です。

ツアースタート!

首からかけるパスをもらって赤いバスに乗り込む。
40名定員のバスがほぼ満席でした。
韓国人5割、その他5割って感じでしょうか。イギリスの方とか家族連れの方、韓国人の男の子1人、女の子2人組とか色々でした。日本人は私1人でした。
バスのガイドのおじさんは韓国語です。バスが進んでいる間、おそらく歴史のこととか色々説明してくれていたんでしょうが、「ダイナマイト」しか聞き取れませんでした・・。

まずは展望台!


他のツアー客も同時に来ていて、展望台激混み!!!!
500₩で望遠鏡から北朝鮮を見ることができます。
この日はもやがすごくてあまりよく見えなかったけど、建物があり、生活を垣間見ることができました。
兵役に来ている軍服の若者と、一緒に写真撮ってーという観光客。まんざらでもない若者・・。
ここが非武装地帯であることを忘れそうな活気ある光景でした・・。

次にお昼!

「ランチタイム」は聞き取れたのですが、えっこれ何時までなの!?
分からないままお昼休憩に。別料金でバイキングみたいな感じでした。9000₩くらい。
私はそんな時間があるとは知らずパンを持ってきていたので近くのベンチでそれを食べる。
この日は比較的暖かかったのですがお昼の時間は異常に寒くて、バスの中に戻りたかったのですが閉まってて戻れない!!でも何時に出発するのかわからないから散歩もできなくてバスの近くでひたすら待つ・・。
すごい寒くて辛かった!

第3トンネル


展示室を見て、ヘルメットを着用して、カバンとケータイをロッカーにしまい、トロッコみたいなやつでズンズン潜っていきます。
すごーく狭くて長い。
そこから徒歩で北朝鮮との国境へ。
すごく低いトンネルで、外国の背の高い方は何度も頭をぶつけていた。腰まげて歩かないといけないから本当に大変そうで途中で引き返してる方もいました。
突き当たりは、鉄線で覆われていて、奥には小さなドアがあり、南京錠で鍵がかけられていました。

帰りは徒歩のルートにしたのですが、長いは、上り坂だわでゼーゼーなりました・・。
コート着てたからなおさら・・

でかい公園(名前忘れてしまった)

最後はバスとお別れしてだだっ広い公園で韓国語と英語のガイドさんがガイドしてくれました。
公園の写真を撮るのに夢中になってしまい、ほとんど置いていかれてたけど!

鹿がいた。
なぜか、クラシックの音楽がかかっていて、物悲しさを助長させていた。。

最後に

行く前は、1人で行って大丈夫なの!?とみんなに心配されたり、私もだんだん不安になっていたのですが、行ってみたら完全に観光地化されていて、怖いことはなにもなかった。
もう60年以上この状態が続いているのかーと思うと、人間は進歩しているところとしていないところがあるのだな。
朝鮮戦争の引き金は、朝鮮半島の主権を巡ったことから。欲ってとても人間らしい感情だけど、1番罪深い感情だと思います。

次はもうちょい足をのばして板門店まで行きたいな!できれば第4トンネル付近まで・・。
ツアーだとすぐに発見できるんだけどなー。できれば次回も自力で行けるとこまで行ってみたいです。

終わり!

広告を非表示にする